借金 おまとめローン

MENU

複数の借金を一本化!

「いくつもの借金があって首が回らない…」
「返済日が近づくと怖くて眠れない…」

 

…なんて借金に対して悩んでいる人はたくさんいます。借金が一つだけならいいですが、それが複数ともなると大変。返済だけでなく管理をするのも一苦労です。

 

どうしていくつもの借金をつくってしまうのか…それは家庭状況による理由もあるかもしれませんが、多くは金銭感覚が崩壊しているから。一時的にお金が不足して手を出してしまったキャッシングやローン…その便利さに慣れてしまい、何回も借りてしまったりすることでこうした事態になってしまう人が後を絶ちません。それだけの魅力があり、簡単にお金が用意できてしまうことで金銭感覚が緩んでしまうのかもしれません。

 

ただ、そうした借りても大丈夫な期間というのは、長くは続きません。いずれ借りすぎてしまったことを知る事となり、その返済の難しさに気が付くようになるのです。また、生活状態が一変したことで返済がうまくいかなくなる事もあります。

 

そうしてできてしまった複数の借金。それぞれに返済し続けるのは大変です。いっそ一つにまとめて返済すればどんなに楽なのか…そうしたことからできたのが、おまとめローンなのです。

 

おまとめローンでは大きなお金を借りる事になりますから、これまでと同じ気持ちで借りていてはダメ。その基本的な情報を知ってから検討し、上手に使っていくようにしないといけないのです。


おまとめローンを利用する目的と流れ

おまとめローンを使う目的は、いくつもの借金…つまりは多重債権を一本化し、バラバラになっていた支払いを一つにまとめる事。これすなわち、毎月の支払いを管理するのが楽になるだけでなく、支払いも楽になるということです。

 

お金を借りる際にかかる金利というのは、金融会社によってまちまちです。安い金利で貸してくれているところもあれば、高い金利で借りているところもあります。そういったところから借りている借金をすべて一つの金利が安い会社に移ししてしまったら…おのずと返済する額も変わってくるものとなります。おまとめローンとは、金利の安いところに移るための手段でもあるのです。

 

その流れととしては、まず金利の安い金融機関を探し、今ある借金を完済できるだけのお金を貸してもらう事ができるかどうかを申し込みます。審査を得て融資可能となれば、これまで借りていた複数の借金元にお金を返済…つまりは完済させます。そして、新たに融資を受けた一つの金融機関に対して、毎月決まったお金を返済していくのです。おまとめローンの流れを簡単にいうとこうしたものとなるのです。


おまとめローンのメリット

複数の借金を一つにまとめる、おまとめローン。具体的にはどんな感じになるのでしょうか?ここで一つの例をみて見ましょう。

 

例)
A社、B社、C社から借入中。
金利はそれぞれ18%。
融資額はそれぞれ50万ずつ残っており、合計150万円残高。

 

おまとめローンをするべくD社に「150万円+α(金利分)」の融資を申し込み。ちなみに、D社の金利は15%。審査が通って、D社から「150万円+α(金利分)」を借り受け、A社、B社、C社それぞれに返済して完済させました。

 

残っているのはD社から借りた「150万円+α(金利分)」。毎月、決まった日に返済していきます。

 

借金が残っているのは変わりませんが、返済は1か所なのでその管理は随分と楽になっています。また、返済金額も金利が15%と以前と比べて3%も安くなり、しかもしれが1社分なので返済の負担も減らすことができたのです。これが、おまとめローンの最大のメリットもいえるのです。

 

おまとめローンは、金利が安いところで借りる事で返済総額を減らすことが可能になるだけでなく、返済日が一つとなり手間が省ける、しかも債務整理でなはないので信用情報に傷がつくことがないのです。


おまとめローンのデメリット

おまとめローンはとても便利な方法ですが、デメリットが全くないわけではありません。
まず、借金そのものがなくなる事はない…という事。
複数から借りていた借金を一つにまとめて負担を減らす方法ですから、借金そのものがなくなることはないのです。金利が安いから総額が減る…というのも、返済期間が長ければ意味がない事です。逆に増えてしまう事もあるのですから、そこらへんもしっかりと計算しておかないといけません。

 

また、おまとめローンにおける審査は厳しいものとなっています。その理由が、複数の借金をまとめるだけであって、それ相当な金額になるからです。通常よりも高額の融資を申し込むことになるのですから、当然のことながらその審査は厳しく、過去にトラブルがあった場合は審査も通りにくいものとなります。ここでいうトラブルとは、返済の遅延といったものです。

 

そして、最初の借入額がどうしても大きくなってしまうので、追加で借り入れすることが出来なくなります。利用限度額の枠内であろうとも、返済専用の場合が多いからです。第一、おまとめローンをした後に別の金融機関からお金を借りるのはNG。自分を追い込むことになるので辞めておくのが賢明といえるでしょう。融資を受ける機関によっては、契約違反となり、一括返済を求められることもあるのです。

 

 

借金返済


更新履歴