借金 おまとめローン

MENU

審査が厳しいおまとめローン

おまとめローンを利用する場合、複数の借金を一つにまとめてしまうため、その金額は高額になりがちです。そして、利用するほうとしては、なるべく金利の安いところに申し込みたいと思います。それが問題なく通ればいいのですが、このおまとめローンの審査は、金利が安いほど審査が厳しくなります。特に低金利で有名な銀行では、審査が通常よりも厳しいことで有名となっているほどなのです。

 

一般的に、5社以上の借入先があると、おまとめローンの審査には通らないと言われています。この場合、少し金利が高めの業者に申し込むか、抱えている借金の中でも安いところを完済して数を減らすか…の、どちらかとなります。おまとめローンの審査では「借入総額」よりも、「借入件数」の方が重視されているのですから、件数が多いほど不利となるのです。

 

また、返済に関しても事故…つまりは返済が滞っていたりすると、なかなか通りにくいものとなります。延滞した事故記録というのは、5年間は残るものとなります。過去に自己破産や民事再生といった大事故を起こした人は、さらに審査を通るのが厳しくなります。

 

そして、短期間に何社も申し込みしていると、その情報によってもマイナス評価に…。申し込みした事も、信用情報機関にデータとして残され、それが金融機関の審査でも知られることとなるのです。あまりにも「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」をしていると、リスクが高い人として見られてしまうのです。


おまとめ詐欺

複数の借金がある人は、なるべく安い金利でのおまとめローンを利用したいと考えます。特に高い金利で毎月の支払いが苦しい人ほど、その願いも強くなるもの…。そうした気持ちに付け込んだ詐欺があるのでご用心!おまとめ詐欺とも呼ばれているこの手口は、そこまで難しいものではありません。簡単に人を騙していくのです。

 

まず、複数の借金の返済に困っている人に対して、低金利かつ融資額が高い話を持ちかけます。低金利で高額の融資を受けられるとあれば、誰だって喜んで飛びつきます。そうして申し込みをしてきたら、何かと理由をつけて保証金やら手付金などの支払いを請求していきます。
申込者はとしては「これを払えば毎月の支払いが楽になる…」と考えていますから、何とかやりくりして要求されたお金を支払います。お金を受け取ったら、詐欺師は姿を消します。行方をくらましてしまうのです。もちろん、低金利で高額融資の手続きも無しです。

 

これが、おまとめ詐欺と呼ばれる手口の流れです。これ以外にも、融資をするからといって、後で法外な手数料を請求するケースもあるようです。いずれにしろ、甘い言葉で近づいてくるのです。

 

詐欺師は実在している金融会社の名前をかたって、もしくは関連業者だとかなんとか言って融資話を持ってくることもありますので要注意。常識から考えても、低金利で高額融資の話を多重債権者に持ちかけてくるのは怪しいとしかいえません。でも、借金で心が疲れていると、そういったうまい話に乗ってしまいやすくなります。甘い話に負けない強い心が必要なのです。