借金 おまとめローン

MENU

金利と支払い期間の設定に注意

当然ではありますが、おまとめローンをするにあたって、金利の高い金融機関を選んではいけません。金利は利息制限法といった法律で決められています。元金が10万円未満であればその上限金利は20%まで、10万円以上100万円未満であれば18%、100万円以上であれば15%まで…と法律でしっかりと決められているのです。第一、金利の高いところではあまりおまとめローンをする意味がありません。

 

また、逆に金利が低すぎるところにも要注意です。それが名前も聞いたことがないようなところであれば、ブラックに近いといえます。そこまで大きくもない小さい会社が、銀行よりも低金利でやっているとなったら…詐欺まがいの悪徳業者である可能性が大。

 

一般的に金利は、「○%〜○%」と表示されています。実際にどういった数字での金利になるかは、借りる人によって…つまりは「信用」によって変わってきますので、一番低い数字よりも高い数字でみておいたほうがいいでしょう。ちなみに、銀行では借入額によって金利の幅が決まってしまうことがほとんどで、借入額が大きいほど金利が安くなります

 

そして、返済期間を長く設定させるようなところはNG。返済期間が長くなればなるほど、毎月の返済額は少なくてすみますが、利息を含めた最終的な返済金額が大きくなってしまうのです。「とにかくゆとりをもって返済していきたい。そのために払う利息の合計金額が増えてもかまわない」なんていう場合は別ですが…。

 

借り換えを検討するときには、借入総額と金利を元に、毎月の返済額や返済期間、返済総額、利息の合計額などをよく確認しないといけません。金融機関のホームページで、簡単にできる返済シュミレーションなどが用意されていることもあります。それらを利用してもいいですね。


ヤミ金業者に後用心!

業者を探す際に気をつけなくてはいけないのが、悪徳業者…つまりはヤミ金業者です。お金に困っている人の弱みにつけこみ、あからさまなぼったくりをかけてきます。そういったところからお金を借りると、真面目に返済しているのにも関らず借入残額がまったく変わらなかったり、元金は大した金額じゃないのに利息を払うのだけで精一杯な状態になっている…なんてことも。じっくりと時間をかけて多額の利息を搾取する手口が多く、お金に困っている人ほどその甘い言葉に騙されてしまうのです。

 

こうした悪徳会社に引っかからないようにするためにも、知名度や設立年数、登録番号は必ずチェック。そして、極端に低い金利をかかげていたり、電話やチラシ、ダイレクトメールなどで勧誘してくるような手口がみられたら、悪徳業者である可能性が高いといえます。また、連絡先が固定電話ではなく携帯電話であれば、まさにブラック!固定番号を公開していない業者は法律違反ですから、絶対に利用してはいけません。そして、申し込みの際に親や兄弟、親類の連絡先を聞いてくるようでは、後々の取立ての事を考えて聞いているのかもしれません。

 

ヤミ金融業者の特徴は、知っていると意外とすぐにわかるもの。騙されないためにも、極端に甘い話には注意するようにしましょう。